生命理論では
「本質的に生物は無限に成長しようとし、物質は無限に安定しようとする」
このことが宇宙における基本的性質として存在していると考えています。
また生命理論におけるキーワードは「適応」であり、このキーワードが全ての事象を説明できる絶対的法則としています。

生物は無限の生命力を潜在的に持っていることを前提として、様々な現象などを見ていくとき、無限の生命力が現れず病気や死が起きることは、外的要因ではなく内的な異常が発生したためと考えます。
内的な異常は生物の育成環境上に生育の阻害要因が存在することを意味しており、その阻害要因を取り除くことが重要となります。
病気にならないように病原菌を殺すことは、生物への副作用並びに環境への負荷を増加させるだけの対症療法に過ぎません。
必要なことは生物が持っている大きな適応力が発揮されることです。
物質に対しても同様に安定できない状態にあることは、本質的な機能が発揮されていないことを証明しています。
酸化によって出来る過酸化物の多くは、不安定物質で強い毒性や悪臭を持つ物が多く、この現象は生命理論から見て異常であると言えます。
同様に腐敗も正常な生命として、また物質としての機能が発揮されていないために起きる現象で、この現象も異常です。

生命理論から観る世界は、全ての生命及び物質に無限の可能性があり、現在起きている様々な問題点は人間が自ら作り出した環境の中で必然的に起きている現象であると考えられるため、殆どの問題は解決できる可能性を持っていることになります。
◆生命理論の可能性
◇生物の活性化
植物栽培、土壌改善、腐敗性廃棄物処理、水処理、家畜の飼育、ペット、昆虫の飼育、微生物の培養、発酵食品、魚の養殖、人間の健康、美容など
◇腐敗防止
食品加工、飲料水、化粧品、医薬品、プール、風呂など
◇酸化防止
食品加工、生物体内、金属加工、医薬品、化粧品など
◇環境関係
脱臭、悪臭防止、排水処理、内燃機関・ボイラー・焼却炉など燃焼系、河川・池・海などの浄化、食品残渣処理、糞尿処理、下水道汚泥処理、排気ガス関係など
物質に対しても同様に安定できない状態にあることは、本質的な機能が発揮されていないことを証明しています。
酸化によって出来る過酸化物の多くは、不安定物質で強い毒性や悪臭を持つ物が多く、この現象は生命理論から見て異常であると言えます。
同様に腐敗も正常な生命として、また物質としての機能が発揮されていないために起きる現象で、この現象も異常です。

生命理論から観る世界は、全ての生命及び物質に無限の可能性があり、現在起きている様々な問題点は人間が自ら作り出した環境の中で必然的に起きている現象であると考えられるため、殆どの問題は解決できる可能性を持っていることになります。
◆生命理論の可能性
◇生物の活性化
植物栽培、土壌改善、腐敗性廃棄物処理、水処理、家畜の飼育、ペット、昆虫の飼育、微生物の培養、発酵食品、魚の養殖、人間の健康、美容など
◇腐敗防止
食品加工、飲料水、化粧品、医薬品、プール、風呂など
◇酸化防止
食品加工、生物体内、金属加工、医薬品、化粧品など
◇環境関係
脱臭、悪臭防止、排水処理、内燃機関・ボイラー・焼却炉など燃焼系、河川・池・海などの浄化、食品残渣処理、糞尿処理、下水道汚泥処理、排気ガス関係など